カテゴリ:渓流( 1 )

緑に囲まれた渓流へ…

a0370449_10424094.jpg
標高約2000mという高地にも拘らず様々な木々が生い茂り、地面にはフワフワのコケに覆われた緑豊かな渓流へ…。
夏の暑さがぶり返したこの日、ここではそんな暑さはどこへやら。
暑くもなく、寒くもなく、乾いた空気は心地よい風を運んでくれて、さんざん歩き回っても汗一つ書かないといった快適さ。
そんな”心洗われるような”環境の中でのイワナ釣りを堪能してきました。
a0370449_10575557.jpg

先日アンパラの山本さんと電話で会話している中で、お客さんを連れて渓流へ行くというので、無理を言って私もその中何加えていたくことに…。
川のサイズに比べると、4名というやや多めな人数になってしまった…突然の無理なお願いにもかかわらず、私の参加を快く承諾していただいたNさん、Yさんに感謝します。
a0370449_10515654.jpg
ここで釣れるイワナはご覧の通り、体高があり暗めな色調ながら、独特な綺麗な色合いで、この大きな尾びれと相まって良くファイトしてくれました。
a0370449_11000498.jpg
a0370449_11004619.jpg
一人づつ交代で釣りをしながら、わきでその人の釣りを観察しながらの”のんびり”として”和気あいあい”とした釣り。
人に見られながら釣りをするのは少々緊張もするけど、たいへんためになり、楽しいものです。
a0370449_11041327.jpg
a0370449_11043739.jpg
数も良く釣れ、高地での夏のイワナ釣りが楽しめました。
a0370449_11095403.jpg
a0370449_11101656.jpg
そんな中、”ちょっとした事件”が…
Yさんが釣ったイワナの口から妙なものが…。
a0370449_11105067.jpg
なんと、サンショウウオを丸のみ、その上半身が口からはみ出した状態で…。
長さにしてこのイワナとほぼ同じぐらいの長さのサンショウウオ。
それを口からはみ出すほどの状態にもかかわらず、なおもドライフライを銜えるとは…イワナの逞しさを改めて思い知りました。

この日使用したタックル
a0370449_11164381.jpg
ロッド:O-REX Chimera 8’2” #3
ライン:WF3F
リーダー:ハンドタイド 9’ 6x+ティペット7x 8’
フライ:オリジナルドライフライ#16~#12




[PR]
by blood-knot | 2017-08-25 11:23 | 渓流 | Comments(0)


ブラッドノットのブログです。


by blood-knot

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
渓流
ソルトウォーター・フライフィッシング
イベント
ロッド改造
ツアー
ロッド修理
フライキャスティング
本流
スクール
新製品
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2017年、秋の奄美ツアーは…
at 2017-11-20 10:58
FFI琵琶湖インストラクター..
at 2017-11-15 09:14
フィンガーガードにロングタイ..
at 2017-11-14 16:31
11月も平谷湖のイベント参加..
at 2017-11-07 11:08
2017年、天塩川ツアーは…
at 2017-11-06 11:26

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧