カテゴリ:ツアー( 8 )

2018年、キティマットリバー・フィッシングツアー

a0370449_07100528.jpg
今年も行ってきました、キティマットリバー

2018年4月、今年のキティマットリバーへのフィッシングツアーも無事?終了しました。

今年は私たちの前に2週にわたり、2組の日本人グループがこの地を訪れており、その様子を注視していました。
しかし、それがありえないほどの豪雪と低気温、おまけに渇水状態でかなり厳しく、皆さん苦戦している様子。
ガイドのトレーシー曰く例年より2週間ほど季節が遅れている様だとのこと。
恐る恐る現地の天気予報を確認してみると、私たちの週からは急速に気温が上昇、滞在中はほぼ雨とのこと。
「これなら何とかなるかも…?」と少し期待は高まるものの、今度はそれまで降り積もった雪が解けることによる濁りと水位が高くなり過ぎないか?という不安も同時に起こる。
そんな不安と期待がないまぜになりながら現地へ向かうことに…。

現地に着いてみると、やはりそれほど寒くはなく天気も悪くはなく、むしろ良い天気。
翌日からの釣りに期待が持てる。
a0370449_07393569.jpg


初日に初挑戦のOさんが…
初日は川の上下、2手に分かれて釣りをすることに。
急速に暖かくなり、時折小雨混じりの天気にもかかわらず水位はかなり低い状態で濁りもあまりない。
「もう少し水がほしいな…」などと思いながら川を下っていく。
川を下りながら、その変わりようにまず驚いた。
昨年川だったところに水がなく、全く別の場所に川ができているところが何か所もあった。
ガイドのGordonにそのことを言うと、昨年の大水で川が大きく変わったそうで、昨年よかったポイントがそうでなくなっていたり、新たなポイントができていたりと、1から探りなおしているといった状態。
川を下るルートも大きく変わっており、しかも渇水でラフトでも下るのが難しい箇所が何か所かある。
それをシーズンが始まる前から探り直し、この時点ではすっかり把握している辺り流石だと、改めてガイドの仕事のたいへんさとその仕事に感心させられる。
a0370449_07581430.jpg
この日は長く続いている渇水状態のためか、フレッシュな魚の供給があまりなく、その活性も低いのかいくつかのドリーバーデンとカットスロート、ベイビー・スチールが相手をしてくれるものの、なかなか”本命”は姿を見せてはくれない。「今日は何もおこらないかな?」などと思っていると…。
a0370449_08021099.jpg
今回スチールヘッドは初挑戦のOさんに最初のバイトが!
私は少し高い場所から見ており、その様子を写真に収めようとカメラを構えようとしたその時、今釣行初のスチールヘッドはその大きな魚体の輝きと飛沫を残して姿を消してしまった。
この日はその後まもなく終了。なんとも悔しい日となりました。

翌日はスキーナへ
翌日はジェットボートを出してスキーナ本流を釣ることになった。
a0370449_08092990.jpg
ラフトなど手漕ぎのボートでゆっくり川を下っていくキティマットと打って変わって、広大なスキーナ本流をジェットボートで疾走する釣りはまた違う趣きがあって楽しい(早いスピードによる風のため、寒いのが玉に瑕ではあるが…)。
a0370449_08140885.jpg
この日の釣果も結局はいくつかのドリーなどトラウトのみで終了。

3日目にしてようやく初スチールが…
3日目はまたキティマットでの釣りに戻ることに。
この日は1日目とはかなり様子が変わり、水位がかなり高く濁りもある。
少し増え過ぎの感じはするが、間違いなく新しい魚が入ってくる良いきっかけにはなっている筈。
a0370449_08242190.jpg
a0370449_08252077.jpg
そうこうしているうちに、この日の釣りもそろそろ終わりが近づいたころ…。
私のロッドにようやく待望のスチールのバイトが…。
お客様の先を越すことになってしまったが、今釣行初のスチールヘッド、ここは何としてもキャッチしたい。
ガイドのGordが雪の川原を全力疾走してくる気配を感じながらファイトすること数分(いや、もしかしたら1分も立っていないかもしれない…)、
首を振りながら水面をバシャバシャとかき回す。ジャンプならまだよいが、この水面に出て首を振る行動は心臓に良くない。私の経験ではこの時にばれるケースが非常に多いのだ。…案の定というか、何というか…この次の瞬間あっさりとばれてしまった。
息を切らしながらネットを持って走ってきてくれたGordに申し訳ないという気持ちとばらしてしまった悔しさとが混ざりながらも、やはり魚は間違いなく入ってきている、まだチャンスはあるという確信のもと釣りを続行。
それから少し釣り下がったところで矢張りというか、何と!というか、2本目のテイクが…。
今度はなんとか取り込むことができた。
a0370449_08401266.jpg
a0370449_08405222.jpg

サイズはそれほどではないものの、この際サイズは2の次ぎ。
かなりうれしい1匹となりました。
お客様の先を越してしまったのは申し訳なく思うものの、これは良いサイン。
この水が申し越し落ち着いたら更に良くなる筈。

4日目、再びOさんに!
4日目、少し水が落ち着いてきて、濁りもやや収まってきたこの日のキティマット。
この日のガイドは若いMike。
彼は前日川の下見で2本のスチールを掛け、1本の良いサイズをキャッチしている。
これ以上は無いという新鮮な情報である。
しかしながら、この日はトラウトのみ…

a0370449_08521774.jpg
これはドリーにしてはなかなかの良型。日本でこれが釣れたら結構喜ぶサイズだと思うんですが…

「今日はこれで終わってしまうのか?」等と思っていると…。
a0370449_08563625.jpg
Hさんの後ろを流していた、初日にばらしてしまったOさんのロッドに再びテイクが…。
しかしこれもおそらく数秒の後、大きな飛沫を残して…😢

そして5日目、最終日!
そしていよいよ最終日、川の状態は根滞在中もっとも良い状態。
懸念していた雨にも降られず、一旦増えた水が良い状態に減水してきている。
a0370449_09041737.jpg
そして、ついに、これまで”沈黙を守っていた”Hさんに待望の1匹が…!
この日のガイドのGordも大騒ぎでネットを持って駆けつける。
その次の瞬間…。痛恨のバラシ!
聞けばこの少し前にもわずかな感触があり、Gordがティップとフライの交換をアドバイス。
そのすぐ後の事だったそう。
かなり良いサイズだったようだった。

そしていよいよこの日も終わりに近づいて、最後に”目を付けていた”ポイント、3日目に私がキャッチしたポイントへ…。
丁度満潮近くになり、フレッシュな魚が間違いなく入ってきている筈(この場所は海から直線距離で数キロしかない)。
そして遂にというか、ようやくというか…私たちの対岸で釣っていたHさんのロッドが大きく曲がった。
a0370449_09183046.jpg
上流で待機していたGordが大慌てでボートを漕ぎ駆けつける。
a0370449_09202488.jpg
a0370449_09255555.jpg
待ちに待った、待望の、1匹!

この後、私にもテイクがあり、少しファイトするものの、3日目と同じように水面で首を振られあえなくバラシ。

今年は昨年よりは厳しい部分はあったものの、帰りに飛行機の期待トラブルで帰りが1日遅れになってしまったことなどの”小さな”トラブルはあったものの、終わってみれば楽しい釣行でした。

今釣行で使用したタックル
Rod: O-REX Master Spey Carnwenhan #12'6" #5/6/7, Cliburn 13'6" #7/8/9
Line: NextCast Zone F1 525gr, Coastal F1 575gr等、シンクティップ各種
Flies: Intruder, Dirty Hoh, Sile Head bunny, Original Tube Flies etc.

























[PR]
by blood-knot | 2018-04-18 09:43 | ツアー | Comments(0)

2018年春、奄美大島ツアー&ガイドのご案内

a0370449_09414888.jpg
なかなか決められなかった今年春の奄美大島ツアー&ガイドですが、以下の日程で行おうと思います。
開催予定日は6月2~5日。

定員は3名です。
a0370449_09461606.jpg
今回は地元の名ガイドFar East Heavenの安田陽一郎さんにも1日ガイドをお願いしようと思います。


奄美大島ツアー&ガイドの詳細は下のリンクをご覧ください。







[PR]
by blood-knot | 2018-03-04 09:50 | ツアー | Comments(0)

キティマットリバーフィッシングツアー募集!

a0370449_12080262.jpg
かねてより予定しております、カナダ キティマットリバーのスチールヘッドフィッシングツアーですが、
募集人数に若干の空きがありますのでお知らせさせて頂きます。

キティマットリバーは海から近いため、釣れるスチールヘッドは皆フレッシュでコンディションは抜群!最高のファイトをしてくれます。
是非この機会にこのコースタル・リバーのフレッシュラン・スチールヘッドの釣りをご堪能ください。
私、岡田が全力でサポートさせていただきます!

ツアーの詳細は下のリンクをご覧ください。
お申し込みは、飛行機チケットの手配などの関係上、出来るだけお早めにお願いいたします。

お問い合わせ、お申し込みは
e-mail:okada@blood-knot.comにて承ります。


[PR]
by blood-knot | 2018-01-18 12:21 | ツアー | Comments(0)

2017年、秋の奄美ツアーは…

2017年秋の奄美ツアーも無事、終了しました。
今回の奄美は数日前から急な冷え込み、いつになく”涼しい”状況。
それでも初日はそれなりに日差しもあり、それなりに南国の釣りを楽しむことができました。
a0370449_10372249.jpg
a0370449_10374725.jpg
しかし、なぜか魚の反応が薄く、いま一つの様子。
やはり急な冷え込みが影響しているのか…?

しかも途中相当量の雨と、その後の暴風によりその冷え込みは日増しに増すばかり。
状況としてはなかなかに厳しいものとなりました。
a0370449_10351839.jpg
しかし、それでも何とか同行のAさんが良型チヌを…
a0370449_10423499.jpg
a0370449_10425734.jpg
Aさん、魚が釣れた時はいつも良い笑顔をされます!
a0370449_10435737.jpg
その後すぐにもう1枚追加!
a0370449_10443642.jpg
お見事です!
a0370449_10452050.jpg
a0370449_10461570.jpg
a0370449_10470402.jpg
私もいくつかのガラを含め少し釣らせていただきました。
a0370449_10475292.jpg
a0370449_10481734.jpg
a0370449_10483892.jpg
今回はいつになく寒く、厳しい状況ではありましたが、終わってみれば奄美の釣りと楽しいひと時を満喫することができました。
a0370449_10503433.jpg
a0370449_10505207.jpg
そしてやはり、奄美に来たらこの鶏飯を食べなくては…ということで…。
a0370449_10521449.jpg
次回は来年春、5月ごろに行いたいと思います。

ご興味のある方は、お問い合わせください。
e-mail:okada@blood-knot.com

今回使用のタックル
Rod:H.Okada Flat Stealth 9' #6
Line: Rio Quick Shooter Bone Fish #6
Flies: Original Crab,Shrimp Pattern


[PR]
by blood-knot | 2017-11-20 10:58 | ツアー | Comments(0)

2017年、天塩川ツアーは…

a0370449_10291022.jpg
2017年天塩川ツアーは”無事”終了。

釣果としてはなかなかに厳しいものとなりましたが、それなりに楽しく、また刺激的な釣行となりました。

初日は、前日の雨のため川は増水。ここでの釣りは”少々”キビシイと判断。
大きく移動して猿払川へと場所変更。
a0370449_10333230.jpg
初めての猿払川は、聞きしに勝る人の多さに先ずビックリ!
それでも「今日は人が少ない」とはガイドの宮本さん。
それはそれでよいとして…この日は”常連”の人たちも首を捻るほどのスロー・コンディション。
この日、私たちが聞いた範囲では、フライで釣れたイトウは常連の方が早朝釣った1本のみ…。
私たちの釣果は、同行のTさんがヌマガレイを数枚釣ったのみ…翌日はなんとか天塩で…と期待と不安に”胸を萎ませながら”宿へと引き換えすことに…。

翌日はまだ水は高いものの、多少水位は下がり、何とか釣りができそうだと、本来のターゲットである天塩のイトウ釣りをすることができた。
a0370449_10430047.jpg
そしてついにTさんが天塩のイトウ初挑戦にして初イトウを手にすることができました…
a0370449_10453422.jpg
…といってもこのサイズですが…(´;ω;`)
それでも正真正銘、価値ある天塩のイトウであることは間違いありません。
何年かしたら、また出会えることを祈願しつつお帰りいただきました。

最終日は、朝起きると真っ白な雪景色。
どうなることやらと思いつつ、この日は午前中しか釣りができないので、寒さを”ものともせず”タックルをセット。
そそくさと釣り場へ…。
a0370449_10555763.jpg

幸運なことに雪は直ぐに止み、日も差してきた。
a0370449_10491949.jpg
これは良い兆しか?
などと勝手に期待が膨らむ。

最後の最期、時間切れギリギリのタイミングで
a0370449_10483932.jpg
私のフライに小さなアメマスが…

そして、ほどなくしてEさんにも…
a0370449_10485118.jpg
これから良くなりそうな感じになってきたものの、タイムアウト。
後ろ髪をひかれながら急いで帰り支度。

帰るまでにもう少し時間がある”別動隊”にこのポイントの状況を伝え一路空港へ。

空港で飛行機を待っているとYさんから朗報が…
a0370449_10490658.jpg
丸々と太った素晴らしいコンディションのニジマスが!

しかしこのままでは収まりが付かないので「来年も来るぞ!」
…ということで、来年のこの時期にあわせてまた企画したいと思います。








[PR]
by blood-knot | 2017-11-06 11:26 | ツアー | Comments(0)

天塩川フィッシングツアーのお知らせ

11月2日~5日で開催予定の北海道天塩川ツアーですが、
急遽1名空きが出ました。
ご興味のある方は是非お問い合わせください。

ツアーの詳細は下のリンクをご覧ください。



[PR]
by blood-knot | 2017-10-11 08:27 | ツアー | Comments(0)

奄美大島ツアー

a0370449_07320045.jpg
11月に予定している奄美大島のサイトフィッシングツアー。
人数にはまだ若干の空きがあります。
が…飛行機や宿の予約が取りづらくなってきております。
なので…ご参加を検討されている方がいらっしゃいましたら、お早めのご連絡をお願いします。

詳細は下のリンクをご覧ください。

11月奄美大島ツアーのご案内
5月ツアーの様子
2016年秋
2016年春



[PR]
by blood-knot | 2017-09-07 07:43 | ツアー | Comments(0)

秋の奄美大島ツアー

a0370449_11520972.jpg
”東洋のガラパゴス”とも称される奄美大島。
昨年より何度かこの奄美大島へソルトウォーター・サイトフィッシングをやりに訪れています。
そして、今年5月にはツアーを組んで何人かの方をガイドさせていただきました。
a0370449_11551618.jpg
メインターゲットはチヌ(ミナミクロダイ)ですが、それ以外にもいろいろな、楽しいターゲットが…。
a0370449_11564024.jpg
中には見たことがない魚も多々あり…。
a0370449_11573841.jpg
a0370449_11581463.jpg
a0370449_11593622.jpg
そんな、美しく”不思議満載”の奄美大島へ今年11月もツアーを行いたいと思います。
日にちは大潮の週末を絡めた16日~19日を予定しています。
定員は3名。
11月という冬を間近に迎えているとはいえ、まだまだ暖かい奄美の海を楽しみにいきませんか?

ツアーの詳細はこちらもご覧ください。

過去の釣行の様子は下のリンクをご覧ください。
5月のツアーの様子はこちら
昨年11月の様子はこちら
昨年4月、初めての奄美の様子はこちら





[PR]
by blood-knot | 2017-08-10 12:17 | ツアー | Comments(0)


フライフィッシングのあれこれを綴ったブログです。


by blood-knot

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
渓流
ソルトウォーター・フライフィッシング
イベント
ロッド改造
ツアー
ロッド修理
フライキャスティング
本流
スクール
新製品
釣行記
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

CND競技用ロッド
at 2018-04-20 09:01
2018年、キティマットリバ..
at 2018-04-18 09:43
最近の天竜川…お客様の釣果
at 2018-04-06 10:53
天竜川スクール&ガイド開催日変更
at 2018-03-07 11:19
2018年春、奄美大島ツアー..
at 2018-03-04 09:50

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧