人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アラスカからのインストラクター

先日、かねてよりご案内していましたアラスカのスペイキャストの名手であり名インストラクターでもあるマーク・ヒューバー氏が来日、名古屋でスペイキャストのレッスンが行われました。

a0370449_12032549.jpg

今回はFFIのTHCI(ツーハンドインストラクター)の試験を受験しようとしている方対象の特別レッスン及び一般のツーハンドロッドのキャスティングを習得したいという方対象の一般レッスンが主に行われました。

内容は一般的な、ベーシックから、インストラクター向けのかなり高度なものまで多岐にわたっており、私たちインストラクターも多くの事を学ぶことができました。
a0370449_12035697.jpg
今回のこのイベントはFFIのマスターインストラクターでもあり、日本でだた一人のFFIインストラクター試験の実行委員でもある東知憲氏がオーガナイズして実現したものです。

a0370449_12054454.jpg
当日は通訳としても活躍の東氏。

そして、いよいよ前代未聞の大型連休に突入!

そのゴールデン・ウィークに向けた特別企画を計画しました。

ゴールデン・ウィークの最終の2日間、名古屋でキャスティング・スクールを行います。
初日の5月5日はツーハンド、2日目の6日はシングルハンドのキャスティングを行います。
ゴールデン・ウィークということで、比較的お値打ちな企画としました。

その他のイベントはこちらもご覧ください。











by blood-knot | 2019-04-27 12:29 | イベント | Comments(0)

H.OKADA次のロッドは…スペイロッド 12ft #6/7:その2


H.OKADAの13ft #6/7/8スペイロッドに続いて制作しているスペイロッド、12ft#6/7の制作過程の続きです…。
前回はブランクのテスト風景をご覧いただきました。
これで、アクションはおおよそ把握できましたので、次からはこれを実際に組み立てていく様子を順次アップしていきます。

先ずはブランクの塗装を…

塗装の前に、塗料の”のり”を良くするために汚れや油分を取り除きます。
a0370449_09280685.jpg
布や紙などにシンナーのようなものを染み込ませ、拭き取る作業です。私は除電タイプの脱脂剤を使用しています。

脱脂の作業が終わったら、私の場合はフェルールの雄部分には塗装しないのが通常ですので、この部分をマスキングします。
a0370449_09303515.jpg
もちろん、この部分にも塗装する場合はこれは不要となります。

私の場合は、塗装には2液性のウレタン塗料を使用しています。
それをこのような、底になる部分にラバーシートにブランクの太さに合わせた穴をあけたものを取りつけた容器に塗料を入れ、そこにブランクを突き刺し、塗料をしごきとるように塗装する「しごき塗装」という方法で行います。
a0370449_09351291.jpg
a0370449_09401118.jpg
塗料が完全に硬化したら、さらに塗り重ね、最後にクリアの塗装を塗ります。
各塗装の間に、次の塗料の”のり”を良くするために、サンドペーパーなどで軽く表面を”荒らし”、塗り重ねます。
a0370449_09443192.jpg
a0370449_09453116.jpg
今回は、写真のようなディープ・ブルーに塗装してみました。

塗装はこれで完了。

次はリールシート、グリップの取り付けです。

ご意見などありましたら、お気軽にコメントをお寄せください。
メールでも承りますので、よろしくお願いします!
メールアドレスは okada@blood-knot.com です。










by blood-knot | 2019-04-19 09:55 | 商品開発 | Comments(0)

H.OKADA次のロッドは…スペイロッド 12ft #6/7

先日ご案内したH.OKADAのワン・オフ・スペイロッド、13ft#6/7/8。
a0370449_10295091.jpg
現在、それに続いてもう1本制作を始めているロッドがあります。
今回もスペイロッド。
12’0” #6/7の4ピースモデルです。

このロッドの完成までしばらくの間、その制作過程を順次アップしていこうと思います。

先ずは、ブランクのアクションをテストしてみました。

ロッドのブランクのテストをする場合、いろいろなやり方があるでしょうが、キャストのフィーリングなどを確認するなどの簡単なテストの時、私ははこんな感じで行います…。

下の写真のようにブランクには大体の位置に簡単にテープでガイドを固定。
ガイドをテープで止めるのは、時間短縮と位置の調節が簡単にできるためです。
a0370449_17273978.jpg
簡単にグリップとリールシートを差し込んでテストする場合もありますが、今回はどちらも無し、ブランクを直接持って、リールはポケットに入れて試しました。じっくりとテストする場合やシングルハンドロッドをテストする場合はグリップの取り付けた方良いでしょうが、今回は大体のキャストのフィーリングのみを試したかったのと時間の短縮のため、無しで試しました。

今回のロッドのアクションは、一言で言ってしまえばパリッと張りのある、シャープなファスト・アクション。
どちらかといえばロングベリーよりも短めのショートベリー、あるいはスカンジやスカジットラインに向くアクションです。
また、スペイ系だけでなく、オーバーヘッドでも快適なキャストができる感じです。
そのテストの様子の動画でご覧ください。


大体のロッドのアクションは把握できたので、この後はこのブランクを組み上げてきます。

先ずはブランクの塗装。
その様子は次回に…。

この組み立ての途中でご意見やご希望などありましたら、是非コメントやメールをお送りください。
できる限りそれを反映していきたいと思います。
メールアドレスは、okada@blood-knot.comです。

それでは、以降の投稿も是非お楽しみに!










by blood-knot | 2019-04-06 18:04 | 商品開発 | Comments(0)


フライフィッシングのあれこれを綴ったブログです。


by blood-knot

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
渓流
ソルトウォーター・フライフィッシング
イベント
ロッド改造
ツアー
ロッド修理
フライキャスティング
本流
スクール
新製品
釣行記
その他
商品紹介
商品開発
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

フォロー中のブログ

最新のコメント

> 棚澤 和男さん こ..
by blood-knot at 00:59
長文での解説、どうもあり..
by BLOG読者 at 08:28
> BLOG読者さん ..
by blood-knot at 10:06
はじめまして、迷ったので..
by BLOG読者 at 08:21

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

奥飛騨でBBQ、それからイワ..
at 2019-08-14 09:40
2019年十勝釣行は…
at 2019-07-15 09:25
梅雨の合間に…
at 2019-06-22 12:07
最近すっかり”サボって”いま..
at 2019-06-06 10:19
アラスカからのインストラクター
at 2019-04-27 12:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧